借入があっても借りれる金融会社とは

1社からだけでは資金が足りないという方は複数社から借り入れを受けていることがあります。
借入があっても借りれる金融会社は少なくはなく、借り入れの制限は借入件数、返済状況、総量規制によって決まります。

 

一般的に借入件数は3〜4件が限界とされています。利用限度額にも応じますが、大抵は現時点で3社から借りていると他社の審査が厳しくなるでしょう。また、1社からしか借りていなくても返済の延滞などがある場合は件数に限らず難しくなります。
その他、総量規制によって借りられなくなることもあります。
総量規制は、年収3分の1以上の貸付をしてはいけないとした規制です。消費者金融や信販会社などの貸金業者への規制なので、キャッシングの申込みをする場合は総量規制によって借りられなくなることがあるでしょう。銀行にはこうした規制はないので、年収に限定されず申込みをすることができます。
また、いずれにしても審査に通過することが重要です。
審査は金利が低いほど厳しく、金利が高いほど緩くなっているとされているので、この基準を参考に選んでみるといいでしょう。

 

基本的に1社からお金を借りているから他社から借りられないということはありません。
収入、借入状況、返済状況などによって判断されるので、まずは申し込んでみることをおすすめします。例えばA社は落ちてしまっても、B社は通過できたというケースもあるので、諦めずにチャレンジしてみてください。