キャッシングの銀行系はお得なのか

キャッシングの多くを占める銀行系ですが、これは消費者金融に属する業者であり、純粋な銀行ローンとは異なるのです。
以前は消費者金融だった業者が経営難などの原因によって、銀行傘下になった業者と考えるとわかりやすいでしょう。
完全に銀行の一部となれば銀行ローンになりますが、そうでない業者は消費者金融、いわゆるノンバンクとしての扱いとなるため、総量規制の対象になるなどの特徴があります。
審査のハードルがそれほど高くなく、消費者金融とあまり変わらないのが特徴です。
銀行は審査ハードルが高いという方がよく利用する傾向がありますが、実際の審査基準は極端に変わるものではありません。

 

消費者金融と比較すると、貸付内容にはほとんど違いがないと考えていいでしょう。
融資額は300万円以上には対応しているので、金額が少なくて困ることはないでしょうし、金利もグレーゾーンは撤廃されて利息制限法が厳守されているので安心です。
大手の場合だと18.0%以下の金利設定になっていることが多いので、利息制限法の上限である20.0%よりは少し低くなっています。

 

返済方法は豊富に用意されているので、自分の都合に合わせて借りやすいのもメリットでしょう。
特に口座引き落としによる返済に対応している業者が多いので、返済を忘れるリスクが大幅に低くなります。
口座引き落としによる返済は、小規模の業者では用意していないところが多いので、バレずに借りたい方は大手を利用するべきでしょう。