カードローンの必要書類について

銀行は総量規制の対象外となるため、利用限度額が100万円以下のカードローンの場合、収入を証明する書類の提出が不要なこともあります。しかし、消費者金融のカードローンの場合、収入を証明する書類の提出が必要となります。また、お金を借りる場合は利用限度額に関係ない必要書類もあります。収入を証明する書類の場合、希望する利用限度額によっては不要となることもあります。そのため他に借り入れがなく、30万円程度しか借り入れをしない場合ならあまり考えなくて良いかもしれません。しかし、お金を貸す側から提出を求められることもあるため、きちんと準備しておいた方が良いでしょう。また、審査の際には正しい年収を伝えることが大切です。特に銀行のカードローンの場合、収入を証明できるものの提出は求められることが多くなっています。サラリーマンや公務員なら源泉徴収票や所得証明書が必要となりますが、すぐ準備できない場合は後で提出することもできます。自営業や個人事業主の場合、納税証明書や確定申告書の写しなどが必要です。本人確認書類とは申込者が本人であることを確認するためのものであり、利用上限額に関わらず用意する必要があります。運転免許証やパスポート、健康保険証、住民票などを用意しておきましょう。手元にある運転免許証や健康保険証を使う人が多いのですが、金融機関によっては運転免許証だけでなく、健康保険証も求められることがあります。