カードローンの追加借入を行う条件

カードローンは、貸付限度枠を付与され、その範囲で自由に出し入れできる便利なキャッシングです。信用を重ねていれば、そのうち業者の方から増枠のインビテーションがあり、大手であれば追加借入と同時に利息の見直しといった優遇も提案されます。一つの業者と長く付き合うメリットは、そういったところにも見られます。インビテーションを受け取る前に、自分から追加の申し込みを行うときには、インビテーションが送られてくるときのケースと比べて、若干審査が厳しい傾向にあります。返済も約定日から遅れがなく、他社借入が増えておらず、最初の借り入れから6回目の支払いが終わっていることなどを一つの目安にしている業者が多いといった印象です。一度でも支払期日を超えたことがあると、おおよそ1年間から2年間程度は、追加が難しいというケースもみられます。他社利用が増えていると総量規制の範囲との兼ね合いもありますし、もしその範囲を超えていなかったとしても、返済リスクは増大しています。給与が増えているといったポジティブな情報が増えていれば扱いが随分と違いますが、前回と一緒であればかなり難しいでしょう。どちらか一方を完済する方向でコツコツと頑張り、完済した暁に増額にチャレンジするといった方法がベストです。また、将来的に増枠を申し込む可能性があれば、最初の契約のときに、申し込む金融業者を、貸付限度枠が大きな業者にする方がおすすめです。業者の限度額以上に限度枠が増えることは、まずありません。
百五銀行