カードローンとマイナンバーの関係について

今、国は「マイナンバー制度」による一元的な管理を目的としています。個人個人に番号が振り分けられ、その番号によって納税状況などが管理されるようになる訳ですが、勤務先の会社にもマイナンバーを知らせることが義務となっています。非常に多くの個人情報がマイナンバー一つで管理・閲覧できるようになるという事は、「借金をしていることが会社にバレるのではないか」という不安を感じる人も少なくないでしょう。

 

しかし、基本的にこれらの情報を民間や個人が閲覧することは出来ない(本人のみ)ので、カードローンを利用していることや税金の未納などがすぐさま会社に知られてしまうという事は無いので安心してください。ただし、場合によってはそういった状況がばれてしまう可能性はある為、今まで以上にしっかりと対応していくことが大切です。

 

例えば、借金をしていても確実に完済に向かっている状況であればばれる心配はまずありませんが、返済を滞納している状況の場合は「給料の差し押さえ」などから借金をしていること、しっかりと返済していないことが会社にばれてしまう可能性があります。給料を差し押さえるためには会社に対して請求が行われるため、目的と根拠が明確に知られてしまいます。

 

絶対に知られたくないという事であれば、確実な返済状況を維持するもしくは再構築することを目指し早めに対応することが大切です。少なくとも、差し押さえが起こらない程度には留めておくようにしましょう。